ホーム > スポンサー広告 > 無職のオタクのある一日 ホーム > 未分類 > 無職のオタクのある一日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

無職のオタクのある一日

あまりにもブログを更新していないので日記を書いて取り繕う。
8時頃起床。パソコンに向かいtumblr、twitter、RSSリーダー、作画を語るスレに目を通す。まんだらけオークションに『機動戦士ガンダムUC』の阿部尚人さんのラフ原が出品されていた。阿部尚人さんのラフ原の出品されている量は異常だ。
一食目は昨日の残りの鶏胸肉のマヨポン痛め、インスタントの和風スープ、ご飯。食べながら『Charming Do!』のMVを見る。
食後は横になって『咲-Saki- 全国編』第10局を見る。面白い。相変わらず足下のアップで靴しか映らないようなカットにも佐々木政勝さんの修正が入っている。
インターネットで時間を浪費しているとブックオフオンラインで注文した本が届いたので目を通す。
届いたもの
『誰も寝てはならぬ』1011巻
面白い。
『涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊長門』
版権が結構載っているが、それは同様に安い『イラストレーションズ』のほうを買えば事足りる。良いところはトリビュートイラストを木村貴宏さんが描いているところぐらいか。
『星方武侠アウトロースター 無法者の記録』
初期設定、イメージボードも含む設定資料が一部カラーで30ページほど載っていて資料的には充実してる。大久保宏さんと小野学さんのコメント入りのイラストが載っていたり、設定制作をしていた小原正和さんのインタビューがあったりするのも良い。版権はセルのもののみでCGで特効が入っているものが載ってないのが残念だったが、ジャケットについて古里尚丈さんがインタビューで「CGを駆使していい形に仕上げてもらったと思っています。但しあそこまでCGで凝ってくれるとは思っていませんでした。ますます次が楽しみです。」と言及していた。ジャケットの特効は鈴木信吾さんだと思うのだけど(2014年5月31日追記:なんとそうではなかった!)、鈴木信吾さんが特効で参加するサンライズ作品は古里尚丈さんがプロデューサーを担当している作品が多いのはこれで評価されたからではないだろうか、なんて想像が広がったりする。構成・執筆に吉野弘幸さんの名前があった。
『LUNAR I・II 公式設定資料集』
ゲームは未プレイだし別に窪岡俊之ファンでもないのに購入。
『地球少女アルジュナ』Vol.2
『零崎軋識の人間ノック』

13時頃無保険状態の住所不定無職からただの無職になるため区役所に行く。往復280円の電車代をけちり往復10km越えの道を徒歩で行く。
通りがかりのコンビニでメール便を出したり郵便局でゆうパックを出したり100円ショップで電源タップを買ったりする。
区役所に着くと混んでいて1時間以上待たされた。考えてみれば3月に混むのは当然だ。もっと早く行くべきだった。待ち時間に『秘密』を読み進める。
帰りに中野ブロードウェイに寄る。
とりあえずコミットで数百カットの原画に目を通す。ここにも阿部尚人さんのラフ原があった。『エウレカセブンAO』のもの。『鋼の錬金術師』OP4のアクションカットの原画もあったが5万円。安くて良い原画は見つからなかったので何も買わず。
その後まんだらけに行きDVDを5枚買う。840円。なんとなく『GEAR戦士電童』のジャケット裏を見てみたら「CGワーク:鈴木信吾」とクレジットが。バンダイビジュアルのDVDなのに原画以外の人のクレジットがあるのは珍しい。キャラとメカを二人で分担して描いていて二人の名前を載せる必要があったからついでに入れておいたんだろうか。裏付けが取れて良かった。何か安くて良いアニメーター同人誌はないかとカゴを漁るがとくに掘り出し物はなかった。まんだらけでせどりはアニメーター同人誌だと難しそう。
ついでにアニメワールドスターに行き『電撃アニメーションマガジン』を5冊買う。500円。「CHARACTER DESIGNER'S ROOM」という連載が気になるので。
帰り道、お腹が空いたのでこんなこともあろうかと持ってきておいたパイの実を食べながら歩く。twitterで乞食をして恵んでもらったもの。
21時頃帰宅。
シャワーを浴びた後二食目を食べる。一食目と同じものに加え納豆。見るものも同じく『Charming Do!』のMV。
食後は買ったDVDのブックレットを眺めたり、インターネットで時間を浪費したりする。
買ったDVD
『ザ・ソウルテイカー ~魂狩~』04
ブックレットに期待して購入。105円。設定の載せ方がなかなか良かった。鉄羅紀明さんの美術設定も少し掲載。
・『トワノクオン 序章』
105円だしレンタルするのとそう変わらないかと思い購入。第一章が入ってるのではなくて特報とかが入ってるやつだった。勘違い。
『怪童丸』
見ようかと思い購入。315円。ブックレットは解説なんかではなく小説だった。挿絵は浅野恭司さんによるもの。
『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』KARTE.1
ムックは持っているのに見たことなかったので購入。210円。ブックレットは特に面白味のないものだった。
『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』VOL.02
第3話の作監が中井準さんでちょっと気になったので購入。105円。ライナーの構成・編集が氷川竜介さんだった。なんか普通のライナーだな、と思ったけどよく見たら『サンダーバード』について長々と書いてあったりする。東京大学新月お茶の会による考証も載っていて何かと思ったら妄想科学考証という関わり方をしていたみたいだ。ライナーとは別にバインダーに綴じるための穴が開いた設定が印刷された紙束が入っていて、調べてみたらVOL.01にバインダーが付いてくるみたいだ。なかなか良い特典だと思う。

23時頃就寝。

この記事に拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/18 11:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。