ホーム > スポンサー広告 > 『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII』EDは3Dガイドを利用?・佐々木政勝さんと3DCG ホーム > 未分類 > 『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII』EDは3Dガイドを利用?・佐々木政勝さんと3DCG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII』EDは3Dガイドを利用?・佐々木政勝さんと3DCG

『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII』STAGE 3EDには、宇宙戦艦の周りをカメラが回り込むカットや宇宙戦艦が画面奥・手前に向かって移動するようなカットがあるのだけれど、これらのカットには3Dガイドを使っているのではないだろうか。
初見時には「なんて正確さだ! すごい画力だ!」と思ったけれど、3DCGで宇宙戦艦をモデリングして配置し、宇宙戦艦は動かさずともカメラに宇宙戦艦の周りを移動させればこのような画面を作ることができる。
EDの原画には佐々木政勝さん(クレジットでは佐々木正勝名義だがこの記事では佐々木政勝名義で統一)と鈴木博文さんの二人がクレジットされている。鈴木博文さんもメカが描けるし3DCGで背景を作ったり撮影までしてしまうような人ではあるけれど、キャラの絵が佐々木政勝さんっぽくないし、宇宙戦艦ということもあって、キャラは鈴木博文さん、メカは佐々木政勝さんが描いているのではないかと思う。
佐々木政勝さんは『宇宙戦艦ヤマト』のファンのようだし(PNに『宇宙戦艦ヤマト』の登場人物・古代守が由来っぽい小台守というものがあったり、スタジオころんの同人誌に『宇宙戦艦ヤマト』のイラストを何度か描いていたりする。『怒Hスペシャル2 愛欲』によると「ファースト・ヤマト以外は認めない」そう)、『咲-saki-』のキャラとともに艦橋を描いていたりする。
sasaki1.jpg
『ガイナロックR』では移動シーンを3DCGで作りEDに3Dグラフィックとしてクレジットされていたり、ソニアのサイトに掲載された『VIPER -V12-』「ANGEL DUST」のイラストではバックに佐々木政勝さんが作った3DCGの宇宙船があったりする(このイラストのためだけにモデリングしたとは考えにくいし『V12』制作当時のものではないだろうか。『V12』で佐々木政勝さんが宇宙船を担当していることは『VIPERイラスト原画集 II』のスタッフコメントで確認できる)。
sasaki2.jpg
『まじぷり -Wonder Cradle-』OPの佐々木政勝さんが原画のカットの間に入る3DCGで作られたレーシングゲームのカットや『萌・エ・ロ鬼ィちゃん』OPのワンタンクがワイヤーフレームで表現されたカットも佐々木政勝さんによるものかもしれない。特に後者はこれをガイドに佐々木政勝さんが本編の原画を描いているしその可能性が高い。
sasaki3.jpg
まとめると、佐々木政勝さんは宇宙戦艦が好きなようだし、3DCGで映像を作ることもあり、自分で作った3DCGをガイドとして絵を描くこともあるようなので、このEDで自分でモデリングした3DCGをガイドに作画していても不思議ではないな、ということ。

余談だけど、『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII』STAGE 3EDのキャラのカットはシルエットのヨーコが歩くというもので、同じく新房昭之監督作品で鈴木博文さんが作った『魔法少女まどか☆マギカ』EDを連想するなあ。

この記事に拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2013/09/13 05:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。